Return to site

表参道ネイルサロン・ジャクリーンバーチェル:ネイルケアの豆知識

サロンに初めてご来店くださるお客様に、爪が薄く、ボロボロになってしまっている方を多く拝見します。

ジェルネイルは、厚塗りせずに薄くつけていれば、決して爪が傷むことはありません。

ジェルネイルによって爪が傷む原因は、ケアの際のサンディングのし過ぎ、またはオフの際に無理に

剥がしてしまっていることが考えられます。

傷んでしまった爪では、ジェルネイルの持ちも悪くなります。

お伺いすると、そのようなお客様のほとんどが、決まったサロンに通っていらっしゃらず、サロンジプシーを

続けていらっしゃいます。

ネイリストは、お客様の爪が健康であるように、そして長持ちするジェルネイルを楽しんでいただけるように、

常に考えているものです。

(そうでないネイリストがいたらとても残念ですが・・・)

そのために、お客様お一人お一人のカルテも作成しています。

爪が弱っているな・・・傷んでいるな・・・と思ったら、ぜひお気に入りのサロンをひとつ見つけて、通い

 

続けてみてください。

ネイリストが、きっとどのようにすれば爪が回復するか、ジェルが長持ちするかを親身になって考えて

くれるはずです。

それが、すぐに結果が出なくても、毎回あれこれ試してくれて、いつか必ず良い結果が出るはずです。

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly